ブログblog

[ 2020.05.24 ]

自分を因数分解すると◯◯が見えてくる

どーも。海外旅行に行った時の細胞レベルで喜んでいる感覚が好きで、心は死ぬまで少年であり続けることを誓った、デザイン書道作家の聖二です。あ〜早く海外に行きたい。

 

「人は鏡」って言葉がありますね。他人を見て、自分のことを客観的に見て正したり、見直したり、そういった周りのことに対して反応すること。

そうして、自分はあの人みたいに◯◯はしないでおこう。とか考えますね。

人との比較をした後に、結局戻るのは「自分との対話」。

人って、結局立ち返るhomeはいつも「自分」なんだなーと改めて感じてます。

 

そんな愛する自分を因数分解してみよう。という今日のテーマ。

 

まず、「あなたは何者?」因数分解はそこからだ。あなたは、どんな自分で生きてる?見られてる?どんな自分を演じてる?

僕を因数分解するとこんな感じ。

①アーティストとしての自分

②鍼灸師、トレーナーとしての自分

③職場の店長としての自分

④ランニングしている自分

⑤4人兄弟の長男

⑥友人関係の自分の位置

日々、色々なところで色々な自分を演じてることが見えてくる。自分自身を鏡で見ても結構面白いと思うんですよー。

 

さぁ、因数分解したバラバラの自分から何が見えますか?

 

あなたは、誰かのためのあなたが確実にそこにいて、存在価値があることが見えてきませんか?

見えたあなた。センスありますw。

因数分解することで見えること。そう。自分の価値を感じれる作業なんですよね。

 

というわけで、自分を因数分解すると「存在価値」が見えてくる。でした。

 

自分との対話の時間、しっかり取って見つめて見ましょう。きっと可能性が見えてきますよ。

 

では、素敵な夜をーー。

 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし