ブログblog

[ 2020.05.20 ]

GIFTを贈る際には◯◯◯力が最も大事

どーも。赤ワインにコーラを入れると美味しいと聞いて、また機会があればやりたいなーと思っているデザイン書道作家の聖二です。

 

まずは、これを見てください。

僕です。w

もうかれこれ10年前になりますね。大阪の道頓堀で路上詩人として毎週通いつめてインスピレーションを書きまくっていた頃。若い。が、はっきり言って今の方が若いぞ。いろんな意味で。w

この頃の僕の頭の中は、とにかく「書く」をGIFTにすること。

【書】

書きまくって、自分を高めて、お客様に喜んでもらおうと、初めて尽くしの頃だったから壁しかなかったが、めちゃめちゃ壁が楽しかった。毎回毎回が挑戦と失敗だった。

 

言葉を伝える上で、とても大切なこと。

まずは、感情を感じとる。どんな言葉を欲しているかを察する。予知能力みたいに聞こえるけど神経を集中させればいける。

 

そして、次は、パフォーマンス性。目の前のお客様が釘いる様に見てくれるにはどうすればいいか?毎回、必死に考えた。

辿り着いた答えは、一画目の入り方をとにかく一瞬で迷いなく思いっきり入っていくこと。そうすることで、「いきなりそこから入って、どんな仕上がりになるんだろう?って釘づかせる。そんなパフォーマンスを身につけた。

 

そして最も大切なことは、「GIFT」の中に心を注入すること。

いわゆるLove注入だ。w

GIFTに見えないLOVE注入をすることで、あなたにとってこの作品が良いものでありますようにという祈りを込める。ほぼ、スピリチュアルな感情なんだけど。

心が通わないとGIFTと呼べない。

 

どんなGIFTにも当てはまると思う。

大切な人に誕生日を祝ってあげるのも、ただプレゼントをあげたという事実だけでなく、「どんなプレゼントをあげよう」とか「どんなものが気に入るかなー」なんて考えて選んでる時点で、GIFTのLOVE注入は始まっている。

そんな、GIFTの裏側に感情を入れたり感じてもらったりすることで、人はその人を好きになっていく。まぁ、過程っていうものやね。

 

結果も大事。過程も大事。過程に人間味が出る。

そして何より、感じる力が最も大事。

 

昔、野球で世界一を獲った時、たしかイチローがキャプテンやったけど。その時のイチローの言葉が凄すぎる。イチローが言うと格が上がっちゃうね。

組織の話やったけど、

「リーダーがいることが重要でない。個々が周りを感じとる力がある方が、チームは強くなる」たしかこんなニュアンスの言葉。

なんか組織を作る時に「では、リーダーを決めます」とか言ってリーダー決めとかあんまり必要ないね。無理やりリーダーってなるもんじゃないし、リーダーって自然とリーダー格が突出するもの。たしかに昔を振り返るとそう思うね。

で、そこで大事なのが周りが何を思っているのかを敏感に感じることがチーム力が上がると。

 

GIFTを渡す際も、あげる側と貰う側といて、その両方の「感じる力」が強ければ強いほとほどけないご縁になるのかなと感じてます。

 

今日は、めっちゃつらつら書きましたが、ここで一言。

 

GIFTって素敵やん(^^)v

 

さぁ、今日も誰かの為にGIFTを地道につくります。

 

墨絵などの動画パフォーマンスをアップ中

TikTok

https://www.tiktok.com/@seiji_kizaki

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし