ブログblog

[ 2021.04.20 ]

健康というプラットホーム × ◯◯◯

どもー。悟空のセリフの「オラ、わっくわくすんぞ!!」を今日は50回は言っている聖二です。

今日のテーマ。
 
「健康というプラットホーム × ◯◯◯」
 
ーーーーーーーーー
今日の素敵な出会い
ーーーーーーーーー
 
素敵な方のご紹介をさせてください。
 
「EFFORT (=エフォート)」取締役の島原さん。
 
https://effort365.jp
 
EFFORTは、大阪を中心とするサブスクリプション型の
無店舗型のフィットネスサービスです。
 
HPは、フィトネスが主ですが、今夏ごろに本格始動され、
フィットネスを始めいろいろなジャンルを取り入れていき、
 
「健康というプラットホームから、世界を健康にしたい」という志しを持たれている、若き会社。そして、若き島原さん。
 
目がほんと少年のように輝いてる!!
感受性が豊かな島原さん。
 
話してると、同じ共通点がたくさんあって、
 
「村づくり」というテーマで盛り上がりました。
目指すとこはやっぱり村のような、オフラインのつながり。
 
イメージでいうと、ブロックチェーンのような横つながりが確立している村づくり。
オフラインとオンラインの融合型サービス。
 
「健康というプラットホーム × ◯◯◯」の◯◯◯には、とてつもない無限大の可能性を秘めています。
 
人は、普通に食べて、普通に運動して、普通に睡眠すれば、普通になんの不自由もなく生きれます。
もちろんいろいろな国ごとには違うけど、少なくとも日本はいろいろな方面から守られている。
 
でも人は誰しも、「生き生きとして活力のある人生を歩みたい」と望んでる。
そんなすべての人に向けたサービスを提供されている「EFFORT (=エフォート)」
 
そんなこんなで、僕は特にアーティストとして携わらせていただくことになり、いろんなアイデアとインスピレーションをいただきました。
 
たくさんお話をいただいた中で、今日は一つお話を書かせていただきます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サッカーのパスに込められたメッセージを考える
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
スポーツ全般、特に団体競技のスポーツには当てはまることが多いと思います。
わかりやすくサッカーに置き換えてお話します。
 
元Jリーガーの方が子供たちに教える時に、「パスに込められたメッセージを考えろ」と教えるみたいです。
パス1つとっても、「パスを出す側」「パスをもらう側」がいて、それぞれのメッセージがあるんだと。
 
超一流のパス回しってめちゃくちゃ気持ちいいですよね?
足に吸い付くようにパスが回っていく。
そんなシーンを見たことがあるかと思いますが、そこには、
 
「メッセージの交換」をしているのです。
 
「まだだ、まだ、、、、、、、今だ!走れ!」
「この角度、このスピード、、、、この場所にボールを上げれば、確実にシュートを決めさせることができる」
 
ボール1つにどれだけのメッセージが込められているか?
そんなことを子供たちに教えておられる方の話を聞いて、とても参考になりました。
 
 
この考えは、僕が子供たちの絵を飾ってあげたいというメッセージを似てて、とても共感しました。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子供の「心の背景」を知るための絵の展示
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
先日投稿した「個展に子供たちの絵を飾る理由」も一緒に読んでね。
https://www.instagram.com/p/CNo931Jlq3v/?utm_source=ig_web_copy_link
 
 
子供に「ブタさんの絵を描きましょう」というと、紙いっぱいに丸い黒い絵を描く子供がいます。
先生が聞くとその子は「ブタのお鼻〜」と言ったみたい。
 
犬の後ろを歩いてたら、子ども目線って「わんちゃんのお尻の穴」なんですよwww。
そりゃ「犬!」って言われたら「お尻の穴!」って描く子もいるでしょうwww。
 
ぶっ飛びますよねww!!
子供の目線の独特な見え方。
 
僕が子供の絵から欲ししているのは、こんな感受性。
そして大人たちがこういった感性を受け止めて、子供から豊かな感性をもらう。
 
子供の絵をもっともっと世に出していく環境ってとても大切やし、社会において重要やと思ってる。
そんな環境をつくるのが、僕の個展であってほしい。
 
島原さんとはこれからも一緒にいろんなコラボができそうで楽しみ〜。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#デザイン書道作家 #絵本作家
絵本「ルイーズサンタ~ひまわりの約束~」
@louisesanta_seiji 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

category

  • カテゴリーなし