ブログblog

[ 2020.12.15 ]

子供が好きな理由

どもー。子供の頃は竹馬の足を引っ掛けるところを出来るだけ上にもっていって、弟と「どれだけ早く走れるか?」の挑戦をしていた、危険予測なしの少年聖二です。
 
今日のテーマ。
 
「子供が好きな理由」です。
 
ーーーーーーーーーーーーーー
西野サロメンに会ってきました
ーーーーーーーーーーーーーー
 
キンコン西野さんのサロンメンバーである 畑見 亜乃 さん。
 
子供の”感動体験”を全力応援!!
「地域の子供達と3日間でつくる」
【こども朗読劇 えんとつ町のプペル】
 
この取り組みに、僕も「こどもたちの頑張る姿を見たいぞ〜」と手を上げさせていただいて、
ほんの微力ながら、今日、お手伝いをさせていただきました。
 
クラウドファンディングの達成も改めておめでとうございます!!
 
スペシャルゲストの、3歳の娘ちゃん、あやねちゃんも参加。
ほんと無邪気でかわいいの〜。
おっちゃんメロメロ〜ww。
 
大阪と東京の2公演されます。
大阪は12月27日。コンセントカフェ(本町)にて。
 
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2153?fbclid=IwAR2bFB2aDd3T9a7NxO4SgLcQJ26o-dUStWdtjIVC_BkQy_3HWJPKAFBkEEw
 
そんなこんなで、実は最近思ってて分かったことがあったので、ここに記したいと思います。
 
ーーーーーーーー
子供が好きな理由
ーーーーーーーー
 
僕が子供を好きな理由が分かりました。
僕には子供はいませんし、子供が好きといっても子育てをしたことがないので、表面的な感情になっちゃうんですが、
僕が子供を好きな理由を書きます。
 
まず。
 
これが一番大きな学びです。
 
「まず、やってみる精神がすごい!!」です。
 
僕はずっと不思議に思っていたことがありました。
今、35歳ですが、世間の大人たちは概念がほんと分厚い。
 
大人になればなるほど、人生の体験経験とかが増えて、それだけ知らないこともたくさん知っていって、
僕は大人になれば、めちゃくちゃ夢が広がって楽しいと、子供の頃にずっと信じて生きていました。
 
今、僕はそのままの心でずっと来ています。
どんどん夢は大きくなっています。 #いつまでも5歳児
 
でも、世の中の大人たちは「あきらめる」というアイテムをたくさん背負いすぎてるような気がします。
 
もちろん責任感とか必要ですが、、、でも、、僕はずっと不思議です。
 
大人になればなるほど、人生の体験経験が増えれば増えるほど、この世界は楽しくなるって。
そう信じた世界で生きたいじゃないですか?
 
大人になったら社会のルールに我慢をする。これが当たり前。
そんな世界、嫌じゃないですか?
 
「ど〜せ◯◯になるからやめとき!!」
こんな言葉をあなたは子供にかけたことがありますか?
 
大人は、その先の大体の予想がわかるし、危ないとか怪我して欲しくないからという理由で止めさせることもあるかと思います。
もちろん必要な声かけも必要です。
 
が、時には、じっくり見守ってあげるという母性も大切。
僕なんかより、世の中のお母さんたちはみんな分かってるとは思います。
 
子供は、「これをこうしたら、ど〜なるんだろ〜?」って楽しんでます。
この感覚を実は僕は、ずーーーーーーーーーっと欲しかったんですね。
 
探していました。
なぜ、僕が子供が好きなのか?
 
答えはこれ!
 
「子供の感覚をもう一度取り戻して、生きていきたいから」
 
子供から学びたいと思ってるんでしょうね。僕は。
「子供の魂に触れたい」という表現が正しいかな。
 
みんな無邪気な時はあったはずです。
でも、今、ちょっと忙しい社会に揉まれすぎて忘れてませんか?
 
そんなあなたにオススメはこれ!!
 
子供の”感動体験”を全力応援!!
「地域の子供達と3日間でつくる」
【こども朗読劇 えんとつ町のプペル】
 
 
楽しい世界を創りましょう!!!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#デザイン書道作家 #絵本作家
絵本「ルイーズサンタ~ひまわりの約束~」
@louisesanta_seiji 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯勝手に #西野亮廣 さんの応援◯
2020年12月25日公開!
映画『えんとつ町のプペル』
▼オンラインムビチケ(特典付き)の購入はこちら↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

category

  • カテゴリーなし