ブログblog

[ 2020.11.10 ]

「意味づけは後から考える」

どもー。いつか、連続腕立て100回をしてみようと思っている、筋肉バカ聖二です。
#いつか気持ち悪いですが
#ひたすら腕立てをしている動画をあげますw
 
さて。
 
今日は、「意味づけは後から考える」です。
 
ーーーーー
「体技心」
ーーーーー
 
「心技体」か「体技心」かみたいな順番ってあると思いますが、
僕は体育会系なので、「体技心」の方がしっくりきます。
#体育系はあんま関係ないけどw
 
でも、もちろん「心が先精神」も大好きです。
 
僕の中で、脳を一番騙せるのは「体」なんですよ。
「心」ってどちらかというと、いろいろな状況や環境などに左右されやすい。
 
精神統一から始めることができる人は、鍛錬を続けてこれた人ができると思っています。
 
たとえば、ある目標に対しての行動パターン。
①逆算して計画を立てて、その通りに遂行させる。
②まずは精神統一してから、技術を身につけ、行動する。
 
どちらもいいかと思います。
でも、これからの時代、もしかしたら①の方がいいのかもと思います。
 
なぜなら、①の場合、半強制的に「行動項目」を先に決めちゃってるんですね。
要は、もう達成ルートは決まったから、この通りにやっていくだけ。
 
これのいいところ。
 
「半強制的」
 
人って、基本弱い生き物だということを自覚する必要があります。
その上で、環境などに流されやすい。惑わされやすい。意識が散漫する。
 
だから、「半強制的」に決めちゃうこと。
僕はこちらの方がオススメです。
 
②ができる人は、全然精神統一からしてもいいと思う。
そっちの方が冷静で且つ、広い視野からスタートできる。
 
でも、僕みたいな単細胞は、半強制的に未来を決めちゃった方がスムーズに事が進むし、
なんせ不安がない。
 
できるかなぁ〜?っていう不安がない。
不安があれば、再度計画しなおして、しっくりくるものを選べばいい。
ほんと簡単。
自分で不安にならない環境を創っていく。
 
 
そう考えてきて、思うこと。
 
「意味づけは後から考える」
 
そして、ここからが本題。
 
ーーーーーーーーーーーーー
「意味づけは後から考える」
ーーーーーーーーーーーーー
 
たとえば。
 
「文章」が1つの目標達成の道とします。
 
その中には、「主語」や「述語」や「名詞」「動詞」「形容詞」などといった「言葉」があります。
そして、それらを繋ぎ合わせるのが「接続詞」。
 
まず、決めた目標に対して何から始めたらいいか迷っているあなた。
「主語」を決めてください。
 
もちろん主語は「あなた」ですね。
人生の主人公はあなたですから。
 
その次に決めるのは「接続詞」以外。
なんでもいいんです。
 
イメージとしたらこんな感じ。
 
 
僕の話でいうと、
 
「僕」「絵本」「世界中」「個展」「心」「喜ぶ」「魔法の国のような」「笑顔」「達成感」、、、、、、
 
こんな感じで並べていきます。
そして、そこに接続詞をつけて文章を完成させていく。
 
僕は、心が喜ぶ魔法の国のような絵本の個展を世界中で行い、達成感を味わい、周りを笑顔にしていく。
 
みたいな。
 
 
まとめ。
 
まずは、「言葉」を散らばせて、「行動」から行ってく事で、自然と達成ループに入っていく。
意味は、「接続詞」を使って「後から調整」すればいい。
 
簡潔に「動こう!!」
 
というお話でした。
#今日はほんとダラダラしたお話しでした。
 
 
❤️募集❤️
 
【僕の絵本の原画展を、一緒にしませんか?】
 
絵本原画展ができる場所を探しています。
絵本完成は、2021年9月ごろです。
原画展の期間は、クリスマスの絵本なので9月〜12月です。
 
絵本に込められた僕の思いを理解していただける方の場所で、個展を開催して、良いエネルギーを創りたいです。
まだ、先のお話ですが、「うちでやってもいいよー」と言ってくださる方を募集します。
 
カフェ、レストラン、小学校、イベントブーススペース、ギャラリースペース、など、、、
絵本売上は、分配したいと思います。
 
宜しくお願い致します。
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし