ブログblog

[ 2020.10.14 ]

「好き」は話せる。「大好き」は語れる。

どもー。久々に辛いモノを食べて、目から火を噴いた、火炎放射器聖二です。
 
今日は、朝からテンション上がるポスターがやってきました!!!
店にもポスターを貼りたいということで、西野亮廣さんのサロンメンバーの 森次美尊 さんからポスターをいただきました。
森次さん、どうもありがとうございました!!
 
しかも、森次さんの直筆の手紙つき。
ほんと心温まります。重ねてありがとうございます。
 
 
さて、今日のテーマです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「好き」は話せる。「大好き」は語れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
昨日は「本質」についてお話をさせていただきましたが、
今日はその「本質」を深めていきたいと思います。
 
「あぁ〜、そんな感覚あるね〜」くらいで聞いていただけたらと思います。
でも感覚的には大事な話になるかもしれませんー。
 
 
僕の友人に、一番大好きな映画を聞くと必ずブレることなく「タイタニック!!」と答える方がいてます。
その友人はこれまでたくさん映画を観てきている映画大好き人間ですが、いつも一番と答えるのは「タイタニック」なんですね。
 
https://www.youtube.com/watch?v=LkOK1SMoVmw
 
タイタニックはもちろん僕もめちゃくちゃ感動した映画の1つです。
でも「語れるか?」と聞かれるとあまり自信ないかもww。
 
友人は、繊細な場面や表情とかも鮮明にイメージしやすいように「語れる」んですね。
ほんとに大好きなんだなー。って伝わります。
相手に「映像をイメージさせる語り方」が上手なんですね。
 
 
この感覚ってほんと大切で、特にモノつくりをしているアーティストは、切っても切れない感覚だなと思っています。
 
「好き」は話せる。
「大好き」は語れる。
 
自分の作品を「好き」以上に「大好き」や「愛してる」レベルで仕事をしていくことが、人に伝えるアーティストの使命だと感じました。
そりゃそーですね。今日は改めて感じさせてもらったなーって感じです。
#どんなけ感じるねん
 
もちろん僕も自分が手がける絵本については語れます。
 
やはり、人に世の中にメッセージを伝えていく身としては、作品のクオリティーももちろん、その作品に対しての「大好き」「愛してる」という感情が人の心を動かすものだなと。
 
普段考えるだけだと、そうやね〜って終わる話ですが、
こうして文字に書き出してblogにアップするというアウトプットしてると、余計に大切さが理解できます。
 
 
どんなモノに触れると心動くのか?
どんな人から聞くと心が動くか?
どんなシチュエーションで学ぶとより深く感じれるか?
どんな景色を見れば自分もやってみようとなるか?
 
 
「作品つくり」ってほんと深いと思います。
僕が思っているより、もっともっと世界は広くて、心は深い。
 
「本質」を求めるからこそ見えてくるステージがあるのかなと思います。
求めるから、これまで見なかった景色を引き寄せることができるんですね。
 
ますます絵本制作、頑張ります!!
どうぞ応援よろしくお願いします!!
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし