ブログblog

[ 2020.10.09 ]

自分に嘘をついている人は、アーティスト性が弱い

どもー。小学生の運動会の醍醐味の対抗リレーの応援が僕は個人的に好きで、「赤組がんばれ。白組がんばれ。」という棒読みの応援がなんとも小学生がやらされている感が半端なくて、あのリレーの実況を、古館伊知郎アナウンサーがやったらめちゃくちゃ盛り上がるだろうなと思っている、小学生は一応リレーメンバーだった聖二です。
 
 
 
今日のテーマ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分に嘘をついている人は、アーティスト性が弱い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「アートの在り方」をいっちょまえに語った記事がこちら。
まずは僕が考える「アート」を知ってください。
 
https://www.instagram.com/p/CFefNkBl80I/?utm_source=ig_web_copy_link
 
さて。
 
上記のブログでも書きましたが、このすべての物質は「素粒子」でできていて、エネルギーを発しています。
そのエネルギーを僕は「アート」と定義しています。
 
よく考えてみてもらいたいんですが、
 
たとえばあなたが何か嘘をついたとしましょう。
本当は飛び立ちたいのに、自制してしまっているその嘘の心。
 
人間は60超個の細胞でできています。
嘘をついたあなたはその60超個の細胞に「嘘」のレッテルを貼り付けているんです。
考えただけで怖いですねー。
 
貼り付けるとはどういうことか?
要は、潜在意識に刷り込まれる。というイメージです。
 
60超個の細胞が、今あなたが本心じゃない嘘をついてしまったばかりに、その嘘を真実だと認識してしまうのです。
ちょっとややこしいですが、潜在意識に嘘の貯金をしてしまうことです。
 
嘘がへばりついた「アート」はやはり弱い。
人の心を動かしにくいばかりか、自分の心も動いていないかもしれない。
 
自分が感動したものじゃないと、人に感動は伝えられないのと同じ。
 
逆に、自分のことをどんな時も愛して、他人と比べず、自分の歩む道に自信と誇りを持っている人ってどうでしょう。
もう顔の表情とか、オーラに出てますよね。
 
そんな人はやはり60超個の細胞すべてが「真実」で、プラスのエネルギー、要は「アーティスト性が高いエネルギーを発している人」です。いつも明るい人は、単純に「真実の細胞」を持ち歩いている人。ということになります。
明るい人って、内面の明るい穏やかな人も含まれます。
 
 
ね?シンプルでしょ?
いや、結構ややこしいかもww。
それは僕の説明不足ww。
#猿の反省
 
 
「アーティスト性が高いエネルギーを発している人」になるためには?
 
はい、めっちゃシンプルです!!!
 
「自分の内面と対話すること」
「対話に嘘をつかないこと」
 
どうも今の地球人は忙しい人が多いみたいで、 #お前なに星人だよ  自分の心でさえもどこかに置き去りで、見つめ直すことができていないよう。
僕もその一人。
 
だからこそ、自分を見つめ直す時間はしっかり取って、「自分の内面と対話すること」をして、「アーティスト性が高いエネルギーを発している人」になりましょう!!
 
 
では、また明日。
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし