ブログblog

[ 2020.10.03 ]

「人」=「環境」×「水の波紋集客」

どもー。人生で3回くらいは空飛ぶドローンタクシーに乗ろうと思っている、本当はめちゃくちゃアナログ男子、聖二です。
 
 
さて。
 
3年ほど前に、人生初めて個展をした時の話を少しします。
 
個展に1年半ほどの時間を費やし、60作品ほどを展示販売させていただき、
そして、「書道」×「華道」×「音楽」×「VJ」の異色コラども実現させました。
 
何もかもが初めてすぎて、結構緻密に計画を立てて実行した甲斐があって、個展は大盛況。
たくさんの方が来てくださり、自分にとってアーティストの一皮剥けたと実感しました。
 
 
そんな初個展で、僕が一番考えたのが「集客」でした。
やっぱり「全然人が来なかったらどうしよう」という不安は拭えずにいましたが、ただある手法を用いていました。
 
造語ですが。
 
「水の波紋集客」
 
この集客方法の説明は次へ。
 
 
今日のテーマ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人」=「環境」×「水の波紋集客」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
はい。また変な方程式が出てきましたww。
#ここテストに出ます
 
「人」=「環境」の説明ですが、
人はそれぞれに環境があるということ。もっといえば、これまで生きてきた環境も全てを表現しているのが、今の自分という考え。
人それぞれに物語がある。
 
ここに、「水の波紋集客」という化学変化を加えるというもの。
 
たとえば、1つの石だと波紋は1つですね。
では、2つの石を水たまりに落とすと?
 
答えは「2つ!」
 
ではないんです。
これ引っ掛けですww。
#ここもテストに出ます
 
イメージして欲しいんですが、水たまりに石を入れると波紋が広がります。
2つの石を落とすと、実は波紋は
 
3つになります!!!
 
なぜか?
そう、重なり合うからです。
 
では、3つの石を落とすと?
多分7種類くらいの波紋ができるはず。
 
石の距離が近ければ、すぐに効果が分かり、
石の距離が遠ければ、時間差で効果が分かる。
 
ん?これ日常でもよくある?
そう!みんな「ご縁」とか「一期一会」とか言います。
 
 
で、これを個展の集客に転用するにはどうするか?
 
そう!!
いろんなところ(人や環境)に石を投げるんです。
あ、本当の石は投げちゃだめよ〜ww。
 
本当の石は「意思」を投げていくんです。
要は、自分の夢とか思いを石に乗せて、いろんな人に話をしに行くんです。
 
石をたくさん、しかもできるだけ遠くに投げるほど、真新しい感覚に出会えて、初めての化学変化が生じます。
この化学変化を楽しむために、たくさんの石を飛ばして、波紋の交差を生み出そうと思います。
 
協力者が多い方が、成功しやすい理論。ということ。
 
3年前の個展にはこっそりこの理論を用いていました。
だから、華道や音楽やVJを取り入れ、それに関わった方も個展にいくという道を作りました。
 
この理論はこれから絵本をたくさんの人に読んでもらうための手法として、再び取り入れています。
 
協力者は僕の方からもしかしたらDM送らせていただくかもしれません。
良かったらオファーを受けてくださいー。
 
では良い夜を。
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし