ブログblog

[ 2020.10.02 ]

「ツァイガルニク効果」×「絵本」

どもー。「ポニーテール、ツインテール、私はおこテール」というセリフを聞いて、ちゃんと韻が踏まれてて凄いなーと思いつつ、そういえば街に「トリプルテール」をしてる人は赤ちゃんくらいしか見たことがないなと思った、絵本作家、たまに書道作家の聖二です。
 
 
 
今日のテーマ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
「ツァイガルニク効果」×「絵本」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
まずは意味から。
 
ツァイガルニク効果・・・人は達成できなかった事柄や中断している事柄の方を、達成できできた事柄よりもよく覚えているという現象。
 
 
思い返すとそうかもしれないですね。
スポーツにおいても、達成できたことより、悔しい思いをした時のあの気持ちってずっと心に残ってたりします。
 
ドラマとかももしかしたら転用されているかもしれないですね。
最終話まですっと謎が分からず、あの展開はどうなるんやろー?と1人想像してみたり。
 
漫画とかアニメとかもそうかもしれないですね。
 
 
 
これを「絵本」に置き換えるとどうか?を考えてみました。
 
実に綺麗に美しく活用させているのが、やはりキンコン西野さんで、「えんとつ町のプペル」の絵本は実は、映画10話のうち3話4話の部分ということ。もっといえば、今年12月25日に映画が公開されますが、その後のストーリーもまだまだずーーーーーーーーーーとあって、それがどんな物語なのかめちゃくちゃ興味があります。25歳の時に「一生分のストーリーを描いた!!」と言われていたのでマジ神。
 
僕自身もこのツァイガルニク効果は活用できるなと思い、作品にこっそり転用しています。
ただ、この効果が出るのは絵本が世に出てからかなと思っているので、まだ先の話になりますが押さえておくポイントだなと思いました。
 
僕が今制作中の絵本「ルイーズサンタ~ひまわりの約束~」は、完成と同時に実は次回作を作ろうと思っていまして、すべてのストーリーを繋げていきます。
 
「ルイーズサンタ~ひまわりの約束~」にはルイーズとエマという2人のやりとりが多いですが、「なぜ、ルイーズが住むサンタ星はギフトを贈る習慣になったのか?」とか「エマとエマの母の過去の話」とか「きのこ森とサンタ星との関係性」とか、実はまだ明かされていない物語があります。
 
ぜひ、来年、「ルイーズサンタ~ひまわりの約束~」を読んでいただいて、続編も楽しみにしていただけたらと思います。
 
そんな感じで絵本のストーリーを考えていまして、ツァイガルニク効果を活用しながら、まだまだ未完成の作品の続きが楽しみになるように頑張って作品を仕上げたいと思います。
 
続編が完成できれば、横展開もめちゃくちゃやりやすいなと思っています。
 
あ、1つ改めてお伝えしたいのですが、
僕よりもボールペン1本で絵を描く天才は世界中にたくさんいてて、僕よりもめちゃくちゃ面白いストーリーを作る人は世界中に数え切れないくらいいて、
でも、毎日「モナリザ」を見るのもとても素敵ですけど、毎日前進し続けている「等身大の木崎聖二が描く世界観」も素敵やと思うので、ぜひ興味がある人は絵本を手にとってもらいたいなと思います。
 
 
「クオリティーを買うのではなく、作者の人生観を買う」
 
そんな買い物も良いんじゃないか〜。
 
では、今日もせっせと絵本で未来を描きまーす。
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし