ブログblog

[ 2020.09.28 ]

赤ちゃんから学ぶ「感性の高め方」「視野の広げ方」

どもー。久々にいつもと違う音楽を聴こうと「グレイトフル・デット」を聴いていたら、即興で言葉は書けるけど、即興でメロディーを奏でれるこのバンドを改めてリスペクトした、おでこのチャクラが開化した聖二です。
 
 
今日のテーマ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
赤ちゃんから学ぶ「感性の高め方」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
赤ちゃんについて少し勉強してると、これはいいな〜と思ったのがあったので持論と交えてお話ししたいと思います。
 
まず、赤ちゃんの学び。
「興味」「共感」「理解」の順番で学んでいるようです。
 
赤ちゃんの考えていることや、感じていること、見えているものなど、めちゃくちゃ興味があって、僕には子供は居ませんが、
知人の子供の情報を聞くたびにほっこりした気持ちになります。
 
 
先日も、3歳の男の子の話になり、車のおもちゃで遊んでいた時のこと。
普通といったら概念みたいになりますが、やんちゃ盛りの3歳の男の子に車を渡したら大概は、「ぶうぅうぅーーーん」床や壁ずたいに車を走らせるでしょう。
 
でも、その男の子は違うみたいです。
 
本物の車と同じ大きさで「体感」したいという興味からか、床に這いつくばって目の前に車のおもちゃをゆ〜〜〜〜っくり走らせ、あたかも目の前に本物の車が走行しているかのような擬似体験をしていたのです。
 
その話を聞かせていただいた時には、もう正直「赤ちゃんには負けたww」と思いました。
と同時に、「もしかしたら赤ちゃんの気持ちに憑依して物事の視点を考えたら、めっちゃアートの世界が広がるかも」と思いました。
 
もう、赤ちゃんに感謝ですww。
 
 
 
そんな感じで今日の本題です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
赤ちゃんから学ぶ「視野の広げ方」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
赤ちゃんの感受性には多分「ルーティーン」はないと思います。
毎日毎日が発見で、喜怒哀楽のある毎日を生きています。
 
 
そんな赤ちゃんから学ぶ、木崎聖二が考えるルーティーンの種類は3種類。
 
①完全な一致のルーティーン
②いつものルーティーンに「エッセンス」を加える
③いつものルーティーンに「メス」を入れる
 
 
①に関しての例えでいえば、野球選手がバッターボックスに入る前の「気持ちを高めるルーティーン」がそれに当たります。
あのルーティーンは最高のパフォーマンスを発揮するためのものですね。
僕も学生時代にウェイトリフティングをしていましたが、いつものルーティーンで気合を入れていました。
でも時々、いつものルーティーンに違和感が生じることがあります。
そんな時は次の②をしていきます。
 
②は、例えば、バッターボックスに入る前に、「いつもはスイングを3回するけど、今日は5回してみよう」といった具合で、エッセンス程度で少しいつもと違うことをしてみるんです。
逆もいいです。1つルーティーンをやめてみる、というのもいいかもしれないです。
ここで大切なことは、
「リアルタイムの現場でエッセンスを入れる」ということ。
日常生活にも応用できて、「いつもと違う道を歩いてみる」とか「今日の通勤は赤色のものをいろいろ探してみよう」とか「最近の流行りの服を見ながら歩いてみよう」とか。
僕は鍼灸師なので街で歩いてる人の姿勢を見たりしたことがあります。「あぁ〜あの人O脚やから大腿筋膜張筋が硬いやろなー」とか。ww
 
そして③に関しては、もうもはやルーティーンではありません。
いつものルーティーンを一旦全部やめてみるという選択です。
バッターボックスに入る気持ちの高め方を変えてみるんです。
バッターボックスに入る直前でしかしていなかったルーティーンを、前夜からのルーティーンにしたり変えてみるんです。
例えば、「試合の前の夜は半身浴をする」とか「バットを磨く」とか。
完全にいつものルーティーンとは違うことをすることで、違ったモチベーションの自分と出会えます。
 
 
車のおもちゃ1つとっても、赤ちゃん次第でいろいろな感受性のフィルターで物事を捉えて学びます。
僕たちもたった1つの物事で全く新しい景色を迎えることができます。
 
僕も毎日ブログを書くことで、毎日インプットしてアウトプットする必要があるので、毎日何かしら勉強してみたり学んだり調べたりしています。毎日何かしら、新しい「エッセンス」と「メス」を入れています。
 
良かったら、参考にしてみてね。
 
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし