ブログblog

[ 2020.09.13 ]

「元祖の魂」を持っているか?

どもっ。昨日ふと腕立て伏せを連続50回くらいできたので、連続100回はできそうやから、いつか動画で皆さんに披露してやろうと企んでる、実は細マッチョ聖二です。
 
 
はじめに。
何かに挑戦してる人は、これ是非聞いてほしい。僕のおすすめ!!
 
中島みゆき「ファイト」満島ひかりVer.
https://www.youtube.com/watch?v=rH9trgAHUXY
 
 
闘いの最終地点はやっぱり「自分」
歌詞の中の「闘う君の唄を 闘わない奴らが笑うだろう」は、自分の中の「闘わない奴」とも意味がとれるし、夢を潰そうとする「闘わない奴ら」とも意味がとれる。
 
どこかで諦めてしまった人。折り合いをつけて夢を求めない生き方を選ぶ人。
それでも、夢を諦めれずにずっと追いかける人。
 
満島ひかりの表現力に脱帽です。まじで好きやわ〜。
そして、中島みゆきの歌詞に重き使命を感じる。
 
 
世の中には、
夢を追いかける人。
夢を応援する人。
夢を諦めた人。
夢を潰そうとする人。
夢を批判する人。がいる。
 
 
どんなにAIが進化して5G、6Gの世界になっても、どこまでも人間は泥臭く、感情深く、ひたむきに歩む姿は、過去も今も未来も変わらないと思うし、変わってほしくない気持ちもある。
僕はマイペースで夢に向かって泥臭く立ち向かおうと思う。
荊の道を楽しく進んで行くし、いつか「死」が必ず来るので、後悔ない生き方を選ぶ。
 
 
一番怖いのは、自分の生き方に嘘をついて否定して生きることだ。 by聖二
 
 
 
では、今日の本題です。
 
ーーーーーーーーーーーーーー
「元祖の魂」を持っているか?
ーーーーーーーーーーーーーー
 
最初に、素敵な方をご紹介。
 
エクストリームお節介のエッジウェディング
「株式会社 エッジフォワード」
 
@edgewedding
 
 
この会社の代表取締役の岡崎さんは、まさに「元祖の魂」の持ち主。
めちゃくちゃ上から目線で話します。申し訳ないですww  #許してね
 
 
僕が思う「元祖の魂」の定義をお伝えするなら、こうです。
 
 
「母体の心を持っている魂」です。
 
 
分かりやすくいうと、母親。
スケール大きくいうと、地球。
 
あなたは誰かの母体から生まれてきて生きている。
地球も、全てを受け入れてくれる「母体」なんですね。
 
大地には森や海が行き渡り、全ての「根」となってる。
たまに災害などで地球が怪我をすることがあるけど、それらもすべて受け入れてくれている。
 
たとえば、地球の水をなくしたら、「陸」が出てきますね。
その「陸」は実は実はすべて繋がってる。イメージできますか?
 
そう。「陸」はすべて「母体」で、「地球の母体」なんですね。
(あくまで、僕の感性の話をしています)
 
 
何が言いたいかと言うと、
全人類、本来は「汚れのない純粋な心の持ち主」だということ。
 
 
今は、ちょっと添加物やヘドロにまみれてしまっているけど、人は自分のタイミングで「自分の母体」に気づくと思っています。
 
 
「母体の心を持っている魂」というのは、要は、「汚れのない純粋な心」
 
生きてたら添加物にもまみれるし、ヘドロも浴びるし、冷たい風にも耐えなくちゃいけない。
けど、どこか自分の中の「汚れのない純粋な心」を信じて、その心で生きようとしている。
 
 
利益ももちろん大事やけど、利益はあくまで仕事の対価に過ぎない。
「命」「生」を常に意識して生きていたら、もっと違う景色が見えます。
 
「汚れのない純粋な心」で自分を信じていらっしゃるのが、エクストリームお節介のエッジウェディング
「株式会社 エッジフォワード」の岡崎さん。
 
 
 
最近は、僕自身の考えや行動がガラッと変えているので、引き寄せる人脈も変わってきた。
みんな、「母体の心を持っている魂」、「汚れのない純粋な心」を持っている人が多く集まってくれている。
 
こんな仲間たちと、世の中に良いエネルギーを発信できたらと思います。
 
未来を迎えに行くのが楽しみ。
 
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

 

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし