ブログblog

[ 2020.08.20 ]

「信頼」のつくりかた

どもー。アイスはベランダに出て暑いところで食べた方がいいと聞いたけど、やっぱり涼しい部屋でアイスをほうばってしまった、中学時代は脂肪がつかないように炭酸ジュースを一切飲まない徹底ぶりをしていた、スパルタ聖二です。
 
 
今日のテーマは「信頼の作り方」
 
 
その心得として「準備段階から100%で挑む」です。
 
題名の通りなお話ですが、モノつくりをしている僕にはかなり重要だなと思いました。
なんだか当たり前のことなんやけど、とっても大切。
 
このポイントが、実は次の扉を開いたときに大きな景色が見えたりするんです。
 
 
たとえば、僕がご依頼で作品を作らせていただき、ご依頼主が気に入ってくださったらリピターになるし、口コミをしてくれたり、セカンドクリエーターにもなる可能性がある。
 
そう、可能性がめちゃめちゃ埋まってるの。人の向こうには。もちろんリスクもある。
正直、毎回毎回、作品つくりは緊張する。15年作品つくってるけど、未だに緊張する。
 
まずは、可能性があるってことに気づくことが大切で、次に大切なことは冒頭で述べた「準備段階から100%で挑む」ですね。
サンプルもやっぱり全力で作ってこそ伝わるんやなと思いますし、ましてはそのサンプルを見て判断をされる。
信頼をつくる、一番大きな難関。
 
あ、モノつくりの僕を中心に書いておりますので、それぞれの難関はあると思いますが。
 
 
で、今回、ブライダルの色紙の作品のサンプルをつくらせていただくことになりましてん。
昨日は夜中というか、朝方まで制作をして、ようやく仕上がりましてん。
 
良いご提案をいただいてるので、期待以上のモノをつくりたいという一心で、作品をつくってみました。
ご依頼主に届けばいいなぁ〜っと願っています。
 
また、後日写真をアップしたいなと思います。
見てやってください。
 
 
ある方からのご紹介で繋がらせてもらえることになって、しかも実は10年前から「いつかブライダル系の仕事に携わりたいな」と思っていたのでほんとに嬉しい。
一つの出会いの先には、もう可能性しかなくて、生かすも殺すも自分次第。
 
ただ、すべてのご縁がハッピーかといえばそうでないこともあるけどね。
その見極めは大事なポイントかも。
潜在的な直感を信じていきましょー。
 
 
やりたい気持ちの裏には、必ず「リスク」と「恐怖」は付き物で、この二つとどうやって上手いこと連んでいくかがキーになります。
逆にこの二つがない挑戦は、もう挑戦じゃないとも思っています。
 
 
「できるかな? でもやりたいな!」
 
この間のパワーが凄いってことなんです。
何かに挑戦したときのことを思い出して見てください。
きっとあなたもこんな感情やったと思い出すと思います。
 
 
プロは、この感情を初心からずっと持っている。
プロになれば緊張せずになんでもできるかといえば、そうじゃない。
 
プロだからこそ、常に「リスク」「恐怖」「緊張」はとなりあわせ。
 
そこから勝ち抜く奴が金メダルを取れるんやね。
 
 
ということで、「信頼の作り方」に対して、めっちゃシンプル!
 
「準備段階から100%で挑む」でした。
 
 
準備段階から、緊張感持って行きましょう。
でも、疲れすぎないようにね。
 
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし