ブログblog

[ 2020.08.15 ]

概念を壊してくれるブルドーザー的存在が子供

ども。妖怪のイベントに出店していたら、衣装がだんだんと妖怪になってきて、多分明日の夕方にはろくろ首みたいに首が伸びているかもしれないというワクワク感を持っている、怪になりきれない聖二です。
 
 
今日は、堺市都市緑化センターにて、「堺市妖怪ガーデン」が開催され、暑い中ご来店いただいた方、本当にありがとうございました。
世界がコロナの渦で大変な中、開催をどうしようかと主催者は悩まれ、結構直前での判断だったと思いますが、そんな中でのご来場やから嬉しいですね。
 
そして、イベントっていうのは新たな出会いや再会があって、ご縁がまた繋がって嬉しいもんです。
そう!僕は毎日嬉しいもんに囲まれてますわ〜。ありがたき〜。
 
しかも今日はファミリー客が多く、6歳くらいまでの子供たちを連れた家族が多かったので、僕のワークショップも子供が集まってくれました。
 
子供と触れ合えるワークショップは楽しいね。
反応とか性格とかがほんとリアルに感じれるから、僕は今日も若返りました。
 
たまに、おじいちゃんやおばあちゃんが孫の顔を見て若返るなんて言うの、分かるわ〜ww。
 
 
そんな感じで、明日もイベントやっております。
詳細を載せておきますね。
 
 
【堺市妖怪ガーデン】
◯10:00〜20:00(入館は19:30)※早く閉館するかも
 
◯妖怪をメインに植物や生き物を含めたテーマでの開催。
・妖怪まちがい探し
・フクロウカフェ(フクロウと触れ合える)
・妖怪関連グッツ販売
・地野菜の販売
・クワガタ&カブトムシの販売
・アコースティックライブ
・書道パフォーマンス
 
◯募集した「アマビエさん」の絵の展示&表彰
 
 
 
そして、今日より確信したんですが、
 
「子供はカラーで丸い形の絵本が好き」という概念はないなと思いました。
まぁ、この概念が通じるのは1歳〜2歳くらいやと思います。
 
4歳〜やったら結構僕みたいな細かい絵も興味があるんやなと感じました。
 
スクラッチアートをしながらでも、僕とお母さんが絵本の話をして原画を見せていると、手を止めて見てくるんですね。
「子供は素直さ100%」「子供は思った通りに動く」っていう概念は、僕自身は少し疑ってるんですけど、まぁほぼほぼは素直に感じて反応してくれるから、参考にはしています。
 
子供は「白黒で細くい絵も興味がある」という学びをいただきました。
僕の中でこのことを確認できて良い1日になりました。
 
 
「概念を壊してくれるブルドーザー的存在が子供」なんですね。
 
あぁ〜早く僕の絵本を世界の子供と大人に届けたいと思います。
 
絵本完成を待ってくれている人、そうじゃない人、今から絵本の存在を知ってくっれる人、皆さんどうぞよろしくね。
 
 
 
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし