ブログblog

[ 2020.08.09 ]

判断基準〜自分の道を見つける〜

どーも。昨日のウェイクボードの代償で腕の筋肉痛がひどく、ロボット状態になっている、ロボットAIの聖二です。
 
 
今日は、この情報社会でたくさんの情報が飛び交う中で、何を信じていけばいいか、大切にすればいいかの心得をお伝えしたいと思います。
 
信じる心得と言っても、要は「判断基準」のお話です。
 
 
ものごとを進めていくと、色々な情報が入るようになります。
積極的にあらゆる情報を取りにいっているんですが、やはりどこかで整理しておかないと容量がいっぱいになるなと思ったので、今日はこのテーマでお話していきます。
 
僕自身の潜在意識に入れるように、僕も納得しながら話しますね。
 
 
【結局、あなたはどこへ向かうのか?】
 
 
結論から言うと、
「結局今のあなたは、どう思ってますか?どう感じていますか?」という問いを常に持つ必要があります。
 
逆を言うと言うと、「人の意見ばかりに流されないで」のメッセージもあるんですが、結局のところの最終判断ってやはり「自分」になってきますね。
次の考えるポイントの違いを見てほしい。
 
 
1,「みんながAと言ったから、私もなんとなくAが良く思えてきてAにした」
2,「みんながAと言ったから、よくよく自分なりに考えると結果Aの方が良いと判断してAにした」
3,「みんながAと言ったが、私は初めからBの意見だったのでBをまずは実行してみる」
 
 
全てには当てはまらないが、例えばこの3パターンだけを見ても思考の違いが出てきますね。
 
どれがダメというのはないし、どれも正解であるから、じゃー何を選べばいいの?となったあなた。
あなたがすることはたった1つ。
 
「私って正直なところ、どれが良いと思ってるの?」
 
この問いを答えが出るまでしてほしい。
そして、答えが出た瞬間、その道は「あなたの道」になるんです。
 
あなたがどこへ向かうのかの判断基準は、常に自問自答して「自分の答えを出すこと」
自分の答え以外は、全て他人への依存と考えても良いくらい。
 
 
表面的な選択は、Aの場合もある。
分からないことや知らないことは、とりあえずみんなの感覚に合わせてみる。
そのあとに、自分で調べて考えて分かったことを踏まえて、もう一度「自分の選択」をすれば良い。
 
3の場合は、初めから違和感を感じるはず。
そのちょっとした違和感って後になっても決して消えない。
消えるようでは、その答えは自分の答えではなかったという答えになる。
 
ここで大切なことは、「違和感を放置しないこと」
 
違和感って言わば、「潜在的な心の叫び」なので無視しないで素直に聞いてあげること。
「本当の自分はどうしたいのか?」
 
やーやー言いましたが、答えは実はシンプルです。
 
 
「その答え、本当に自分の意見か?納得した答えか?」
 
 
自問自答こそ、本当の自分の道を見つけるやり方やと思う。
違和感があれば、とことん自分の気持ちを信じてあげろ。
そして違和感を放置するな。
 
 
素敵な自分の道を見つけようね。
 
 
 
❤️絵本原画コピー、好評配布中!!!❤️️
 
僕のボールペン画が気になった方は、DMをお送りください。郵送にて無料でお贈りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし