ブログblog

[ 2020.07.15 ]

「変える」事が出来るのは「過去」「現在」「自分」「他人」

どもーっ。呪怨は暗い部屋で1人で見れちゃう、人間が演じているホラーは怖くない聖二です。
 
 
みなさん、こんなフレーズは聞いた事ありますか?
 
「過去と他人は変えられない」
 
西野亮廣さんは、近大の卒業式では
 
「未来は変えれないけど、過去は変えられる」
 
とスピーチされました。
 
 
このフレーズだけだと、ざっくりしたものだからいろんな見解があると思うが、僕が最近思うのはこれ。
 
「過去と現在、自分も他人ですら変えられる」
 
「未来」に関しては「変える」という表現は少し違ってて、まだ形のないものを変えるというのはニュアンスが違うかなと。
「未来を創造する」の方がしっくりするので除外した。
 
「変える」事が出来るのは4つ。「過去」「現在」「自分」「他人」
 
 
ただ、捉え方によっては「物理的に変えれねーよ」という意見もあるが、ここでいう「変える」というのはあくまで「考え」や「捉え方」の話です。そして僕の勝手な自論です。
 
キンコン西野さんも過去についてスピーチされていましたが、捉え方はこんな感じ。
「過去の出来事は変えられないけど、捉え方は変えられる。過去失敗したことも時間が経って今となれば良い思い出になる。だから過去は変えられる。失敗しないから挑戦してください」と。
 
かっこよすぎましよね。
僕はこのスピーチをユーチューブで聞くまでは、「過去は変えられないが未来は変えられる」という頭になっていて、バァーーーーンと概念をひっくり返された感じ。気持ちの良いひっくり返し方。
 
僕も今、過去を振り返ると嫌な思い出はあったが、全て今に繋がってるしすべて素敵な思い出になっています。
嫌いな人に出会ったも今は、「そのお陰で自分はそういうことには注意しよう」とか考えるようになってるし、若い時に「あんなことやらんかったらよかった」っていう後悔もあったが、時あ経つとめっちゃ役に立ってる。
 
 
「他人」を変えるとはどういうことか?
 
ここでは、他人の性格を変えるとか、容姿や態度を変えるという話じゃなくて、自分から見た他人を変えるということ。
わかりやすく言うと、自分の器が大きくなれば他人を見る目が変わって、温厚になれるよね。って話。
 
この世の源って全て「自分」
このことは分かっているようで、日常生活の中で揉まれると意識が散漫してしまう。そのせいで、他人が変わらないからとかっていう言い訳が出てくる。
 
他人はイコール「環境」にも通づると思っていて、自分以外のものは全て「他人」に当てはめられる。
 
自分がどんどん新陳代謝して脱皮して生まれ変わる努力をしていれば、自ずと「過去」も「現在」も「他人(環境)」も変わってくるよ。
 
 
僕は2年ほど前から「自分」を変える努力をしてきて、初めのうちは心は苦しい時もあったが、いつしかどんどん自分が変わることで、自分周りの空間が変わり始めて、過去も他人も変わってきた。というか変えてきた。
 
 
たまに会う友人に「変わったな〜」と言われることがあるが「当たり前だ」という気持ち。
だって、自ら「変えてきたから」
 
その友人は僕からしたら「変わらへんな〜。老けた?ww変われよwww」みたいな感じに思ってる。
うん。僕結構、生意気な性格かもね。内はww。
 
 
なんやかんやいうてきましたが、要は、
 
源は「自分」で「自分が変われば見える世界が変わる」ってこと。
 
そして見える世界は自分が求めてるものの方が良いじゃん。
なら、イメージのフォーカスは全て、「夢叶えたらどうしよう」と悩んでみよう。
 
この悩み、世界を救うかもね。
 
 
 
 
 
❤️絵本原画コピー、現在好評配布中!!!❤️
 
ちょっと気になった方は、是非DMをお送りください。郵送にて無料でお送りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし