ブログblog

[ 2020.07.05 ]

「未来を視界良好にするための心得」

ども。最近また「パラミロン」っていうミドリムシを摂取してるんやけど、やはり腸内環境抜群に良いな〜と改めて感動している、腸内環境美人の聖二です。
 
今日は、こんな話を深掘り〜。
 
 
「未来を視界良好にするための心得」
 
 
本を読んでいたら、こんなたとえ話がありました。
 
テニスのサーブを上手になりたいと思っているあなた。
基本的なことは習得したつもりやけど、なかなか思った通りの軌道に球が飛ばない。
フォームはいいのに、、、
 
そこへコーチが実際に打って見せます。
そしてこんな一言を言います。
 
「僕のフォームは見なくていいから、球の軌道だけ見ててください」と。
 
その後、軌道をイメージしながら球を打ってみると、なんとその軌道通りに球が飛んでいきました。
 
というお話。
 
 
この文章読んだ瞬間、腑に落ちました。
 
世の中にはもちろん素晴らしいやり方があって、それを生かすのも殺すのも「やり方を扱ってる自分次第」
このことに気づけると未来の軌道が視界良好になる。
 
 
僕なりに今日は、図を描いてみました。
 
 
 
Aのパターンは、
目的の為に、あれやこれやとやり方の勉強をたくさんしたものの、実際「よしっ」と思い進もうとしたら「壁」になっていたという図。
「未来への軌道確保」ができなくなってしまっている。
 
たとえば、やり方を学びすぎて、正解が多すぎて手をつけれない状態になってしまい立ち往生してしまう。他には、やり方を多く学んでしまって、本来の目的を見失ってしまい、学んだことで満足してしまっている状態。
こうなってしまうと、たとえ無意味だと思う勉強も、自分が頑張ってきたことに対して、否定したくないから余計に頑固になってしまう。
 
 
Bのパターンは、
「これだっ!」って思った直感を信じて、成功されている人の軌道に球を飛ばし、その方向を見失わずに、その都度その都度の自分の課題や壁に立ち向かって、1つずつミッションを乗り越えていく状態の図。
進みながら、そのミッションを楽しみながら進んでいける。
 
 
Aの方は、少し神経質すぎるのかもしれないね。「あれはダメなこと。これは絶対にしちゃいけないこと」っていう「しちゃダメ項目」が多すぎると辛いかもしれないね。
 
もっと肩の力抜いて、「これやったら凄いことになるかも。これやったら絶対楽しいやん」っていう意識にフォーカスして、その数を増やしてあげる方が、きっとBパターンでいけちゃうと思っている。
 
 
僕の話でいくと、「海外で個展したい」っていう夢も、もうすでに多くのアーティストが実現していて、球の軌道はたくさんある。
 
僕に必要なのは、その軌道に球を飛ばす「覚悟」
 
もちろんそれはクリアしているし、もう思いっきり飛ばしすぎて、自分んで自分のケツに火をつけて拍車をかけているww。ひとりバタバタ毎日楽しんでるwww。
 
覚悟を持ったその「球の軌道」へ今は必死に食らいついて進んでいる状態。
 
そのせいか、最近寝不足で目のクマがヤバいので、誰か目のクマに効くものを教えてください。
教えてくださった方には、無料で「絵本の原画コピー」をお贈りさせていただいております。
そうじゃない方も、「欲しい」と手を挙げてくださった方には全員、お渡ししておりますよ。
 
 
今日のまとめ。
 
「成功者と同じ軌道に球を飛ばし、あとは必死に追いかける」
 
まとめたつもりが、結構雑なまとめです。でも気にしない。勢い大事だからw。
 
 
では、また!!
 
 
 
 
❤️絵本原画コピー、現在好評配布中!!!❤️
ちょっと気になった方は、是非DMをお送りください。郵送にて無料でお送りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!
子供のいる世帯はぜひ、お渡したい!よろしくね❤️
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし