ブログblog

[ 2020.07.01 ]

「なぜ?」の掘り下げ効果

◯絵本原画コピー、現在好評配布中!!!◯
ちょっと気になった方は、是非DMをお送りください。郵送にて無料でお送りさせていただいております!!
絵本作家を通して、世界で個展をしようと思ってるやつです。
こんな奴でも、世界いけるんだという物語をリアルタイムでお届けできればと思います!!!よろしく❤️
 
 
どもっ。言うてる間に地球人が火星に行く時代が来るのかと思ったら、ワクワクが止まらないロマンが止まらなくて、目が輝いちゃう、デザイン書道作家&絵本作家の火星人聖人です。
 
ロマンある話は素敵やね〜。それだけで毎日ワクワクできちゃう。ん?現実逃避?いや、違うよ。未来を迎えに行ってるの。
 
はい。
 
今日のテーマは、
 
「なぜ?」の掘り下げ効果です。
 
要は、掘り下げて考えて行くとどんなメリットがあるの?って話です。
実際、僕はこのお陰で色々救われてるような気がします。
肩の荷が降りたというか。
 
 
僕は、相馬一進さんのブログを毎日読んでいるんですが、今日は「欠乏感」について述べられていました。
グサーーーーーーーーーってなりました。
涙が出そうでした。あぁ〜答えはこれかもーって思いました。
 
もちろん相馬さんのブログを公表したりはしませんし、「欠乏感」について僕個人的な考えで「なぜ?」を掘り下げていきたいと思います。
 
 
その前に1つ質問。
 
「あなたは今、何の為に仕事をしていますか?」
 
以前お話しした「3人のレンガ職人」の話ともリンクしてくるかもしれませんね。
 
 
ある方は、「子供の頃に、裕福じゃなかったからお金持ちになりたいと思って仕事をしている」
ある方は、「子供の頃に、あまり勉強ができなかったから今、たくさん勉強をしている」
ある方は、「子供の頃に、親の愛情を受けれなかったから、自分の周りには愛を与えるようにしている」
 
などなど、、、
 
「子供の頃」がキーワード。
 
僕の場合で話すとリアル感出るかな。
 
僕がなぜ、アーティストとして活動しているかというと、結論としては、
 
 
「まだ知らない自分の可能性を見たいから」
 
 
に、行き着きました。
 
もう一度言います!
 
 
「まだ知らない自分の可能性を見たいから」
 
 
2回言いました!はい。ウザいwww。
 
 
やっぱり最終的に「自分」に立ち返るのかな〜と掘り下げてみて改めて感じました。そして、やっぱり「自分」って存在が好きなんやなーとナルシストぶりも健在ですww。
 
冗談はさておき、
 
 
子供の頃に受けた影響や環境が、今生きる大人たちの仕事をする「原動力」になっているんだな〜と思います。
 
僕は、やっぱり子供の頃からまぁまぁ制限かけられて生きてきてたので、「挑戦したいけど挑戦のやり方がわからず生きていた少年K」だったので、アーティストとして自分の可能性をどこまでできるか、自分の目で自分の挑戦を見たい、と思っています。
 
そんなどこに行くかわからないですけど、頑張ってるこんな奴をいつも応援してくださる方、ありがとね〜。
 
 
「欠乏感」を満たすために、あなたが今この瞬間からすべきこと。
 
それは、自分の心に「なぜ?」を問い、掘り下げること。
 
日常は、特に何も考えなくても、なんとなくで生きていけます。日本だから。
 
でもこれが、毎日紛争が終わらない地域だとしたら、、、
そんな環境じゃないから分からないって言われるかもしれないけど、実際同じ地球に生きてる人間の中にはそんな毎日を過ごしている人もいてるってこと。
 
なんとなく生きていける毎日。
「なぜ?」を繰り返して行くと、行き着くところがあるよ。
 
子供の頃からの欠乏感からくる「何か」をあなたは探しているのかもしれないね。
 
それが見つかってる人は、まっしぐらに行こうぜ!
それが見つかってない人は、ぜひ「なぜ?」を掘り下げてみて。
 
あ、ここで、注意報をお伝えしておくと、
 
行きずまったとしてもOK!
行きずまってしまって、「やっぱり自分には何にもないや〜」と思わないこと。
 
一旦水に流して、また気分がいい時にでも考えてみればいいから。
 
ここで、ストレスくん、マイナス思考ちゃんとの縁は切ってね。
 
自然体で想像できる時が、一番力を発揮できるから。イメージ力の場合はね。
本領発揮する時は、多少のストレスはいるけど。
 
 
はい。今日のまとめ。
 
「なぜ?」の掘り下げ効果
 
欠乏感と共に自分を掘り下げ、生きる原動力を見つける。
 
でした。では、また!!
 
 
 
 
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし