ブログblog

[ 2020.06.18 ]

「副作用が起きる人」「好転反応が起きる人」「新陳代謝が起きる人」

どうもー。今日はご依頼を制作する日で、1日中作品と向き合って相手の喜ぶ顔を思い浮かべたり、自分のワクワクする気持ちを作品に注入しながら、外は大雨やけど心は充実した日を過ごした、書家&絵本作家の聖二です。

 
本日は「人脈」についてのお話ーー。
 
目指している中でふと思うことがあって、価値観が合わないとなかなか心が繋がらないなーと。まぁ特に悩んではいないけど、これを僕なりの理論で解いていきたいと思います。
 
では、今日にテーマ
 
「副作用と好転反応と新陳代謝を上手に扱う」
 
皆さんに良くある質問をします。
「あなたはコミュニケーションをとることは得意ですか?」
この質問に良くある回答がこう。日本人は「苦手」と思っている人が多いみたい。
 
僕もかつてコミュニケーションをとることが苦手で、今でもふと苦手だなと思うことがある。
ただ、「あ、この人ちょっと苦手かもー」と思った時の対応の考え方を考えてみた。
皆さんも使ってみて。見方によってはちょっと残酷やけどww。
 
「あなたはその人との今後の関係は、どんな関係になりたいと願っていますか?」
まず、ここの選択が大事。
 
今後も良い関係でいたい?
この人とはもう関わりたくない?
 
もう正直でいいと思う。
 
ちょっと残酷な言い方するね。嫌いにならないでねww。
 
言い方を変えると、「副作用が起きる人」「好転反応が起きる人」「新陳代謝が起きる人」
 
まず、「副作用が起きる人」っていうのが、要は価値観が合わない人。ご縁はあったけど今後は価値観合わないから関係は薄くなる人かも〜って人で、多分この人と関わってるとあなたは前に進めなくなってしまう。この副作用を取っ払う手段として「縁を切る」ことをしなければならないかもしれないね。でも良く考えたら、小学生の時、毎日のように遊んでた友達とはもう会ってないやん?なんで?仕事も住む場所も違うし、もう価値観が合ってないから。もし価値観が合っていたら今でも関係は続くはず。そやね?
 
続いて「好転反応が起きる人」まず好転反応の意味は、良くなる前段階に一時的な不調の反応のこと。その後、良くなっていく。これを人間関係に置き換えてみると、厳しいことを言ってくる先輩やけどめっちゃタメになる人。嫌いやけど、勉強になりますって人。自分のタメになるなーと感じてる人だから離れられない。こういう方は、切らなくていいし、保留。
 
そして最後は、「新陳代謝が起きる人」この人をどんどん選んでいくべき。「この人といてたら自分の可能性がどんどん出てきて、なんだか未来が明るくなるーーー!!」「WIN WINの関係が築ける」「素敵な人脈が増えていき、協力者が増えてくる」もうこんな人たちが周りにいてたら良くない?
 
 良いと思ってるけどできてない人、そう、「切る勇気がない」から。人脈の切り方ってこれまた慎重にならないといけないし、いきなり目の前で「もうあなたとは会わない」なんて言ったらこれはまた人間不信になるからダメだよww。
 
結論、「新陳代謝の人」と一緒に居てたら、「副作用の人」とは価値観が合わないからもう会うことがなくなる。自然にそういう流れになっていく。面と向かってわざわざ別れを告げなくても良い。
 
あなたがどんどん「あなたにとって新陳代謝してくれる人と関わりを増やし深くしていくこと」そうすることで副作用が起きる人とはもう会わなくても良いから、ストレスもなくなるし、あなたのやりたいことに向かって更に加速していくはず。
 
 
あなたにはもう無駄な時間はありません。人生は短い。そんなことは分かっているけど、なかなかあの人と関わりなくなったら何を言われるか分からないし、嫌われるかもしれない。そんな不安な気持ちもあると思う。でももしそれがあなたにとって「副作用の人」ならば、少し「考え方を変える」ことで解決していける。
 
「ちょっと勇気を出して」ではなく、「生きる考え方を変える」こと。
 
簡単に言えば、未来に向かって走るレールをガシャンっと「乗り換える」ってこと。簡単でしょww。
それだけで、「好きな人とだけ関わる人生」良くない?良いよね!!もうそれで良いんやで。あなたのこれからの未来は。
 
さぁ!一緒に新陳代謝していこうね。
 
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

 

category

  • カテゴリーなし