ブログblog

[ 2020.06.12 ]

「成長」の捉え方を理解しておく

どーも。「大丈夫」という人は無理をしてる人。って言葉を聞いて、じゃあその無理の限界値を上げちゃえば「余裕の大丈夫」に変換できるなーと思った、サイヤ人になりたいと願うアラサー聖二です。

 
昨日、西野亮廣さんのオンラインサロンメンバーのフェイスブックに僕のまだ途中経過の絵やけど、投稿させていただいと所「応援してます」という熱い応援メッセージをいただき、会ったことはないけどとても心地よい繋がりを感じた夜の出来事でした。
 
自分の絵にはもちろん自信もあるし自分を一番愛していますが、(はい、自信過剰人間ですが何か?ww)やはりどこか不安があったりします。自分の絵はちゃんと評価されるんだろうか?と。
 
恐る恐る投稿させてもらったら、ハッピーなコメントをいただき、なんだかこの方の為に頑張ろうっと更にサイヤ人になりました。テンションは上がりませんよ。僕は毎日自分に100点上げていて、外的要因で変わることはないですから。
 
でも、こういったコメントに一言が、僕の自信を強固にしてくれています。確実に。
きっと、誰かにどうしても届けたいメッセージがあるから余計に身に沁みて、心に沁みています。
 
「絵本を創る」って宣言してから早1ヶ月半くらい経ちますが、ちらほら僕が絵本作家を目指してることが伝わってきてるみたいで、楽しみにしてくださる方もいてくださいます。絵本ができたら全力で皆さんに手渡していきますので、これからも良ければ完成を楽しみにしていただけると、それだけで僕のエネルギーの原動力になり過ぎます!!結構見えない力を信じて走れるタイプなので。
 
そんなこんなで、僕自信が考える「成長」について話します。
 
「成長」
 
この言葉を聞いてどんな連想をしますか?
 
・昨日よりできるようになった
・壁を乗り切った時に感じるもの
・他人に認めてもらうこと  etc.
 
色々自分の考えを出してみてください。自分と自分のディスカッションターイム。
色々な考えはありますし、皆さんの思う「成長」は全て正解です!おめでとう!ww
 
では、僕が考える「成長」とはこんな感じで捉えてます。
 
「成長はあくまで結果を示しているもので、通過点。だから成長を目標にしてはならない」
 
僕は、こんな感じで捉えてます。成長中の時は体の細胞分裂と一緒で、ずっと行われてて「日々の努力」なんだと思う。その日々の努力をし続けてし続けてふと振り返った時に、「あぁ〜僕は成長した」と実感する。後から実感や成果として現れるもの。
 
だから、「成長します」っていうのを目標にするのはちょっと違うかな〜っと僕の中では思っていて、そこを目標にしちゃうとなんかブレちゃいそう。だってみんな毎日何かしら成長してるんだから。もちろんスピード感は違いがあるけど、何かしらの成長をしてるんやからね。
 
目の前の課題に「これができたら成長できるよ」なんて上司から言われたりするかもしてないけど、もちろんその考えも正しいし間違ってないけど、批判はさせてね。
そこで、少し考えて欲しい。
 
 「成長するから」って言われたら、「どの方向に成長できる?」「何に対して成長できる?」と自分の心に問うて欲しい。
 
要は、「ゴールの見えない成長ほど、生きてる実感が少ない」ということ。
 
ゴール設定は何でもいいと思う。ただがむしゃらに成長のためと言って進んでみたものの、もしかしたら不必要な荷物ばかり積んでないかい?ってこと。
 
例えば、「英語を勉強したら、いつか役に立つよ」とか。
「この免許取っといたら将来役に立つから」とか。
 
もし、子供に対してこの言葉だけで終わってたらもう僕はびっくりする。びっくり仰天!w
 
何に対して役に立つとか、貢献できるとか、その先のビジョンを「点」と「点」を結んで「線」にしてあげないと。と、思っていて、成長を目的に考えてしまうとこんな事態になってしまうから、少し先のことを考えてみようねって話。
 
成長は目標じゃないよ。かなり説教くさいおっさんの話に付き合ってくれてどうもありがとう。自分自身にも結構言ってて、文章を書きながら自分自身を見つめ直しています。
 
今日も、自分に100点あげてね。素敵な夜を。
 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

category

  • カテゴリーなし