ブログblog

[ 2020.06.01 ]

不安が多い人は、今を一生懸命に生きれてない?!

どーっっっっも。「っ」をたくさん入れてみて、口に出して言ってみると、どうにもこうにも「も」にアクセントが来すぎてちょっとイカれたやつみたいになっている、デザイン書道作家の聖二です。

 

6月、あけましておめでとうございます。今年に入って5ヶ月が経って皆さんいかがお過ごしでしょうか?コロナが世界を襲って、今も尚まだ世界を脅かしておりますね。こんな状態ではお手上げ〜と嘆いてる人もいれば、逆にこの状況を逆手にとってビジネスチャンスをものにしている人もいるって話。

人はどこまでも捉え方次第で「今、今、今、、、」が変わって未来が変わっていくんだなと改めて考えさせられた時期でしたね。

 

僕はというと、最近は絵本の原画つくりに没頭している日常で、毎日2時3時までひたすらボールペンを走らせております。この1本の線が、1年半後のクリスマスに素敵なプレゼントを贈り届けることができるとイメージして書き続けております。多分少しニヤニヤしながら描いてるww。

 

そんな僕の頭の中をかなりシンプルにした図を書いてみた。少しでも参考になれればと思います。僕の頭の中の言語図化のシェア。

 

【不安を抱えている人は、現在を一生懸命生きれてない】

現在→手段→目的

ここでは結果という考えは一旦わきに置いておいて、あなたがやるべき目的に対しての逆算の考え方をお伝えするよ。

 

たとえば皆さんは、将来のことは不安ですか?それはどんなことに不安を抱えていますか?仕事?家族?子育て?人間関係?ビジネス?健康?

正直いろいろ出てきます。もしかしたら、将来に期待していることは?と聞くと、不安なことの方が大きいかもしれないね。

ちなみに僕は、昔は「不安 > 期待」の思考で、どうあがいても思い通りに生きれないのかな?と不安に押しつぶされていましたね。

けど今の僕はもうワクワクでしかなくなっちゃったww。自分の未来に期待をフォーカスしすぎて、不安が目立たなくなって、お〜いどこにいるの?状態w。

決して消えてはないけど、目立って出てこないよね。最近は。仕留めてやったww。

 

そんな思考にするための考え方の1つが今日のテーマ。

目の前のことを一生懸命にするメリットはこちら。

脳内の意識のスクリーン(人は瞬間瞬間には1つのことしか脳内には写らない。神経の伝達シナプスが活発な人は、要は頭の回転が早い人)がクリアになって、不要なものが写らなくなる。だから、悲しいことがあったら、お笑いとか見て、意識のスクリーンを楽しい画面でいっぱいにすることが大切なんやで〜。

集中力が高まり、自己価値観が上がる。毎日、一生懸命に生きていたら結果はどうあれ「今日は良くやった」と自分を褒めて自分の存在価値が高まると思んだよねー。逆に毎日、「こんなもんでいいやー」といい加減に生きていたら、どこか心にぽっかり穴が空いて、もうちょっと頑張れたんちゃうか?って気持ちになって、自分を信じれなくなったり自分で自分を傷つけたり。失敗してもいいから、どんくさくてもいいから、変な目で見られてもいいから、自分なりに一生懸命やってみればいい。気持ちいいよ。

 

この2つのメリットがちゃんとついてくるんだから、目の前を不安で曇らせないで、毎日快晴すぎる期待を未来に向けてすすめーーーー!!!

 

すこし、頭がクリアになったかな?

思考は一旦、言語図化してみると、ほんとクリアになるし、誰かに伝えてみるのもいいかもね。

 

では、今日も素敵な夜を。

 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

category

  • カテゴリーなし