ブログblog

[ 2020.05.31 ]

「芸術の爆発」のロジック

どーも。周りに子供が産まれたという嬉しいニュースを聞くたびに、お祝いの気持ちと同時に生後6ヶ月までにしか反応しない「バビンスキー反射」をやりたがる、人間の反応に興味があるデザイン書道作家の聖二です。

 

最近、と言ってもここ数年の話ですが、ほんと嬉しいことにほとんど途切れることなくご依頼を頂いてまして、これはほんとに嬉いことです。

これまでご依頼を頂いた方、ほんとにありがとうございます。そして、どうぞこれからも良い作品を創っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、今日のテーマの前に、

「求める、求められる」について掘り下げたいと思います。

 

アーティストとしての僕の仕事は、特殊な形態かもしれないですが、良しも悪しもダイレクトに答えを感じれる職業だなと思っています。

例えば、初めて僕のところでご依頼をしていただいて、気に入ってくださる方は再びご依頼をいただけるし、フィーリングが合うからイベントも一緒にしたりする。逆に全ての作品がお客様にとって100%の出来栄えだったかは、その後の付き合いを見れば分かったりする時もある。

ただ言えることは、僕の15年かけて築き上げてきたスキルは、毎回制作には2000%の力を使っていて、作品1つ作り終わった後は、めちゃめちゃ肩が凝るw。誰がほぐして〜ww。まじで〜w。

ご依頼を頂いからには、お客様が求めている以上のものを提供できて、初めて「作品」と言えると思っていて、自分ルールとして常に心がけている信念だ。

こちらが2000%で作品をお渡しすれば、お客様の心は最低200%くらい届くはずだ。

これが100%のできだと、感動がない。納得もない。ご依頼を下さった方の人生に素敵な彩りの1ページをお贈りすることができない。

厳しい言い方かもしれないが、少し厳しい言い方で僕自身を奮い立たせています。

アーティストとして、それくらい自分にプレッシャー与えないと、良い作品は作れないと思っている。

 

そして、ここで更に大事になってくるのが、

2000%で創った作品を200%の感動で与えることができた作品についてくるのが

「信頼」で、再びご依頼を求められるという循環に回る。もしくはSNSを通じて、僕の作品を見てくださった方から、何かある時には注文してみようを思ってくださるのだ。

「信頼の連鎖」がここ数年は続いていて、ほんと感謝感謝しかない。昨日より今日、今日より明日の方が良い作品作れる自信ありますので、ぜひ1度ご依頼下さいませ。2000%で作品制作します。お約束します。

 

これは、普段の生活や仕事の面でもよくある光景だと思う。

なぜそれを求めているのか?なぜその会社なのか?なぜ、その人なのか?

「求める = 求められる」

このイコールが

「求める 求められる」

となった瞬間、いろいろな発想が湧く。

 

例えば、普段歩かない道を歩いてみて、「赤いもの」ばかりを探してみる。とか、コーヒーカップの柄を眺めて何かのアイデアに使えないかなーと考えてみたり。

そして、究極は、

「自分が求めるもの ∞ ◯◯」

「自分が求められるもの ∞ ◯◯」

この◯◯にいろいろなっものを当てはめて考えると、ポンポンとアイデアが浮かんでくる。

そこに、目標が存在していれば、常にその目標と「点と点」で繋がり、「無数の線」が出来上がる。ただの線じゃない。無数の線だ。

無数の線が生まれた瞬間の脳内は、岡本太郎じゃないけど「芸術の爆発」となる。なんだか書きながら、ロジックが分かってきたかも。つらつら書いてみるもんだね。

 

皆さんも◯◯にいろいろ当てはめて、人生もっと彩りある人生にしたまえ!!ww

【彩】

 

Instagram

https://www.instagram.com/seiji_kizaki

Facebook

https://www.facebook.com/shenger.muqi

 

 

 

 

category

  • カテゴリーなし